正しく飲むコツ|高い避妊率を誇る低用量ピルは通販で安く購入可能

高い避妊率を誇る低用量ピルは通販で安く購入可能

カップの中にある黄色の錠剤

正しく飲むコツ

低用量ピルは99.9%避妊をするといわれているものの、意外にも服用していたにも関わらず妊娠してしまった…という声もあります。
たしかに99.9%と聞くとほぼ100%という印象も受けますが、実際には100%ではありません。この0.1%というのは1000人に一人は妊娠してしまうということでもあります。
理想はコンドームの併用ですが、問題はそういった確率云々ではなく、低用量ピル服用時のちょっとしたミスが原因だったりする可能性もあるのです。むしろその原因の方が大きいと言えるでしょう。

低用量ピルは生理初日に服用し始めるのが鉄則です。しかし、この生理初日を勘違いしてしまい低用量ピルの効き目を十分に得られていないということがあるのです。
では「生理初日」とはどのタイミングのことを指すのかというと、生理が始まってから24時間以内のことを指します。
生理始めは鮮血ではないおりもののような状態の出血がありますが、これも始まりの判断としていいのかどうかは難しい所です。毎日基礎体温を付けており、これは生理の始まりだと断定出来るなら飲み始めても良いでしょう。
自信が無い場合にはフライングはせずに、しっかりと整理だなとわかってから服用し、2週間はコンドームのなどを使っておきましょう。

また、体調が悪い場合低用量ピルが正常に身体へ吸収されないということもあります。これはとくに大きな病気ということに関わらず、単純に体調不良なども指します。
吸収される場所である腸の調子が悪い、4時間以内に嘔吐をした、となると効果を得られないので注意しましょう。